JSANの特徴

簡単なソート設定で、高精度のソーティングを実現

簡易な操作性と高信頼性を追求、液滴を高精度で自動制御!
  • 適正なソーティングを行う上で欠かすことのできない液滴のパラメーター監視と、それを最適に制御するオプティドロップ (OptiDrop:特許出願中)機能を装備しています。
  • 画像処理を行った液滴のPhaseを監視し、ピエゾ振動子の駆動電圧により常時最適な状態に制御していますので、ディレイタイム の調整は不要です。
  • オプティドロップは、液滴パラメーターに異常が発生した時、それを自動的に検知し、既にソーティングしたサンプルを保護するため に警報で知らせるとともに、サンプルとシース液の流送を自動停止させます。
ソート設定画面
自動ディレイ タイム補正機能により、
ソーティングの安定性と高信頼性を実現!
  • 液滴の監視パラメーターに基づいて、ソーティング精度を維持するために最も重要なディレイタイムを自動的に計算し直しするととも に、常時フィードバックするオプティディレイ(OptiDelay:特許申請中)機能を搭載しています。
  • この機能によりシース液温度の変化に伴い流速が変化しても、最適なディレイタイムでのソーティングが可能です。

シンプルなソーティングモード!

  • ソートモードは(a)標準モード、(b)高回収率モード、(c)高純度モードの3種類が設定できます。
  • 各々のソートモードに対して1,2,3滴のソート滴数が設定可能です。