JSANの特徴

コンパクトで、励起効率の高い最新光源系!

  • シンプルで、かつ励起効率の高い、コンパクトな光源系を表現しています。
  • フローセルと同一平面状にレーザーを最大3本まで、異軸にて搭載可能です。
  • 標準光源には消費電力が低く長寿命の固体レーザー(488nm)と、性能が安定している高出力半導体レーザー(638nm)を採 用しており、従来のような大量の電力や冷却水を必要としません。
  • オプション光源として、最新のUV半導体レーザー(375nm)が搭載可能で、 Hoechst 染色によるサイドポピュレーション細胞(SP cell)の解析およびソーティングが可能となりました。

コンパクトな
レーザー光学系

488nm半導体レーザー
(DPSS)

638nm半導体レーザー

375nm半導体レーザー

 

マルチカラー測定に対応する蛍光検出能力!

検出器レイアウト
  • 新開発ハイブリッドフローセルでは、細胞からの蛍光をレンズを介さず光ファイバーで直接検出器に導いているため、各励起光による 蛍光が混じり合う前に検出することが可能です。
    それにより、高感度・高精度なマルチカラー解析が可能です。

  • 検出された光信号は、20bitのデジタル信号処理回路およびデジタルLog演算回路により完全4decadeの精細な解析が行 われます。

 


検出チャンネル 主な検出蛍光色素 検出チャンネル 主な検出蛍光色素
FL1
(535DF45)
FITC FL5
(695AF55)
Allophycocyanin (APC)
EGFP、EYFP Cy5
Alexa Fluor 488 Alexa Fluor 647
Bodipy、Fluo-3 Alexa Fluor 660
FL2
(580DF30)
R-Phycoerythrin (PE) FL6
(748ALP)
APC-Cy7 (PharRed)
Propidium Iodide (PI)  
FL3
(670DF40)
PerCP、PerCP- Cy5.5 FL7
(424DF44)
Hoechst33342 <Blue>
PE-Cy5、PE- Cy5.5 DAPI
Propidium Iodide (PI)  
7-Aminoactinomycin D(7-AAD)  
FL4
(748ALP)
PE-Cy7 FL8
(590DF35)
Hoechst33342 <Red>
検出可能な蛍光色素

 

マルチパラメーター解析およびソーティングに対応!

  • 標準タイプ(2レーザー・6カラー)では、任意の8パラメーターを同時に取得して、
    解析やソーティングをすることが可能です。
  • オプションタイプ(3レーザー・8カラー)では、任意の10パラメーターを同時に取得して、
    解析やソーティングをすることが可能です。

 

8x8の高精度蛍光補正!

  • 独自の8x8のデジタル・マトリックス蛍光補正回路を内蔵しており、
    自由自在に実験系を組み立てられます。
  • 56通りの蛍光補正と同軸レーザービーム設定、異軸レーザービーム設定により、
    レーザー間のコンペンセーション も可能です。

※8x8マトリックスはオプションタイプ(3レーザー・8カラー)のみで、
  標準タイプ(2レーザー・6カラー)では6x6マトリックスです。